相手に寄り添い丁寧に
洞察力で真実を見極める

弁護士 児山 桂子 Keiko Koyama

経 歴

愛媛県出身

九州大学法学部卒業

九州大学法科大学院終了

平成23年 弁護士登録(登録番号44330)

❶生い立ち

愛媛県四国中央市で3姉妹の末っ子として生まれました。
姉2人とは7歳,10歳の年の差がありますが,プリンの取り合いでよくケンカしていたのが今となっては良い思い出です。中学校では剣道部に所属し,高校では剣道部と書道部を兼部して,毎日部活に精を出していました。当時の経験は体力や技量だけでなく精神的にも自分を大きく成長させてくれたと感じています。

❷弁護士を目指したきっかけ、理由

法曹(裁判官・検察官・弁護士)という職業を意識して目指し始めたのは中学生の頃です。当時は「困っている人の助けになる仕事ができればいい」という漠然としたイメージしかありませんでした。その後,大学,ロースクールと進学するなかで,すでに困っている人を助けることはもちろん,問題を抱える人を増やさないよう,紛争を未然に防ぐという観点で働く弁護士の仕事に惹かれるようになりました。弁護士は困ったときに相談するイメージが強いのですが,紛争が顕在化した時点では問題が複雑化し,解決までには時間的にも金銭的にも多大なコストを要することが少なくありません。特に企業では,ひとつ紛争を抱えるだけで対応に追われ,本来の業務に悪影響を及ぼし,事業の成長を阻害する要因となってしまうことがあります。将来の紛争を避けるため,生じた紛争を最小限に抑えるため,事前の法的な備えを「予防法務」といいます。私は発生後だけでなく予防法務にも注力し,経営者の方々の前向きな経営支援をしたいと考えています。

❸得意分野

企業法務,予防法務,商品先物取引,フランチャイズ

❹趣味・ライフワーク

おいしいものさがし,旅行